運命ノ朱い糸

□壱
1ページ/5ページ


「はぁはぁはぁ」



一人の少女がベットから
起き上がり息を荒げていた。






「また…………あの夢……」




月明かりに照らされた窓辺に
腰掛けて手で汗を拭った。

その手を広げてそして
もう片方の手も広げた。




「(ミナト様……………。)」








月明かりに照らされた少女は
窓を開けて長くて美しい
橙髪をなびかせて座っていた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ