運命ノ朱い糸

□七
1ページ/12ページ

ナルト「ん?あっあの人だってばね?」





門の近くまで来たとき
ナルトは視線の先にいる人物を
見て声を発した。





カカシ「クルシさんだ。」






カカシはそう言いながら
ポケットに手を入れた。






クルシ「よろしくお願いします。」





クルシはそう言ってお辞儀をした。






サクラ「ねぇカカシ先生?
クルシさんを何処まで護衛するの?」





サクラはそう言ってカカシを見た。






カカシ「雲隠れまでだ」






ナルト「なんだよー!!!
すぐだってだよ〜!!!」





ナルトはそう言ってあぐらを
かいて座ってしまった。






サクラ「こら!!ナルト」





サクラはすぐに怒鳴りナルトの耳を
持って立たせようとした。






カカシ「すみません」






クルシ「いえいえ、」






カカシはそう言い謝ると
クルシは軽く笑顔で返した。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ