運命ノ朱い糸

□八
1ページ/12ページ


琉「あはは〜
殺しって楽しい〜」





琉羅はクルクル回りながら
死体の間をすり抜けていた。





周りを見ると生きている忍びは
木の葉の忍びだけだった。
その他は血を流し死んでいた。





波「おい、琉羅〜
それぐらいで衝動抑えとけ〜」






波瑠はクルクル回る琉羅を見て
珠李とナルトに近づいていった。






二人はカカシ達を黙って見つめていた。
紅は結界を破り目を丸くして
ナルトを見つめていた。







サクラ「……………ナルト?
貴方暗部だったの?」






サクラは震えた声でナルトに言った。








「ねぇ貴女〜?」






そう聞こえた方を向くと
琉羅が血付きクナイを握って
固まっているカカシ達の前に
やってきていた。






琉「……いいかげん金狐様のこと
ナルトっていうの止めなさい?」






琉羅は血付きクナイをサクラの首に
当てて声を低くして言った。
サクラは琉羅からのあまりの
殺気に身震いし続けていた。














キーン










琉「!!!!!!」






何かが琉羅の持っていた
クナイを弾き飛ばした。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ