仮面ライダーディケイドReturn


 九つのライダーの世界を巡る旅、全世界の悪を結集させた大規模組織、“大ショッカー”との時空を超えた最終決戦。仲間達と共にその全てを潜り抜け、世界の破壊者こと“仮面ライダーディケイド”の旅は終わりを告げた――告げたはずだった。
 各々の世界に戻り、取り戻した平穏な日々を送るライダー達。ディケイドこと“門矢士”もその一人、相も変わらず“光夏海”の世界で、光写真館でのんびりとした生活を送っていた。
 ――時はうつろい、あれから一年。あの旅全ては夢だったのではないか、そう思えるほどの時が流れた今でも、士は全てを鮮明に覚えていた。仲間と共に過ごした日々を、懐かしいあの頃を忘れられずにいた。そしてそんな日々を今後送り続けられるはずだった。
 だが戦いは終わってはいなかった。それぞれの世界を司る者、“九人の統制者”と名乗る者達から、士は再び九つの世界を巡るよう言い渡される――

 ――世界の破壊者、ディケイド。再び九つの世界を巡り、その瞳は何を見る――

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ