黄色い空 白い僕
_



薬の甘い香り。溶けていく感覚。
耐えきれなくなる快感。
昔に感じた、置いてきた絶望がすぐ隣に座った。

引きずられる。あの足音が。
居なくなった足音が、何故。




_
主に詩
詳しいことは注意書き、案内をご覧ください。

*更新状況が遅れていてすいませんでした。
至らない所ございますが、どうぞ今年もよろしくお願いします。


●●●メニュー●●●
●*注意書き*
初めての方

●案内

●詩

●詩A

チャット

●プロフ

●日記

abnormality

●繋字版ケイジバン

●置き詩

●読み物

●絵&写真

更新状況

●手紙

●借りているサイト様







ケータイ*詩*ランキング

キーワード詩検索







旧開始日2005/12/08



ブックマーク|教える

訪問者9628人目

最終更新日 2010/09/27

ブログネタに困ったら…
『オタラボ』でネタ探し




©フォレストページ